めも blog

なにかしらのめも

VS嵐 トーク【仮面を被りたくなるほど恥ずかしかった事】

スポンサーリンク

天「嵐の皆さんは恥ずかしかったこと」

移動車に間違えて乗ってしまった

あ「なんかさ、あの、仕事の合間とかに、結構時間ない中で」
あ「でもこれ買い物行っとかなきゃいけないみたいな時に」
あ「移動車あるじゃないですか」
あ「移動車ってあんまりナンバーまでよく見ないじゃないですか」
あ「で、ダーって買い物行って『あ ごめんごめんごめん!ごめんごめん』って言って」
N「それあるわ」
あ「開けちゃって座って『もう行こう行こう!行こう!』」
あ「って前見たら全然知らない人で」
あ「『えっどこに?』って言われて」
あ「『どこ行きましょうね?すいません!』」

親子連れの子供に異常に嫌われる

N「恥ずかしかったことっていうか」
N「なんか同時にちょっと傷つけられてんじゃないかなっていうのが」
N「道歩いてる時に、親子に気づかれる時あるんですよ」
N「どう考えてもお母さんが先に気付いてるんだけど」
N「子供を使ってね」
小「あ〜あるある」
N「やられる時がある」
N「それはもう見てて分かる」
N「あーもうそうなんだなっていう」
N「ただその時の子供がもう異常に嫌って」
N「でも『二宮さんですよね』って言われて『あ〜そうですよ』って」
N「『子供大ファンなんで握手してもらっていいですか?』って子供が、『イヤだぁ〜!イヤ〜!』」
S「あるある」
N「『もう帰る!帰る!』」
N「すんごい拒否られたことがあって」
N「それは結構ね。何度もある」



2019年5月30日