めも blog

なにかしらのめも

VS嵐 トーク【ライブでの大失態!】

スポンサーリンク

ピンボールランナー 嵐チーム挑戦前

あ「本番ってあんまり間違えたりしないですか?」
坂「ん?」
あ「フリとか歌詞…」
N「やめろ!」
N「間違えるわけねぇだろ」
あ「でも一応ほら…V6さん事情を聞きたくてさ」
あ「間違えたらどう対処するとかあるんですか?」
坂「もし間違えたとしてもそれを間違えたと思わせないような雰囲気でやるっていう」
あ「それ…はい!勉強したいんですけどどうやって」
山「その雰囲気ね」
あ「そう 雰囲気 雰囲気」
坂「それね、1番できるの剛と岡田」
あ「そうなんだ」
坂「健が基本間違えない人なの」
坂「だけど、前の岡田と剛が間違えてると」
坂「健が間違えてるように見えちゃうわけ」
N「あ〜。やっぱあるんですね、それね」
S「坂本くんは大きいミスはないんですか?コンサートとかの時の」
坂「大きいミスか分かんないけど、リフターってあるじゃない」
S「はい。上にこうグーって上がってく」
坂「リフターにみんな集まって乗っかったら上がるっていう」
坂「乗っかったつもりだったんだけど、パッて後ろ見たら俺だけ下がってた」
S「嘘?」
お「恥ずかしい」
山「いや、ずいぶん大きいな」
坂「でも嵐もあるでしょ そういうの」
S「ありますよ」
S「リフター系で言うと…僕ら動くステージがあるんですけど」
S「僕が1人でそれに乗ってるはずだったのに、横見たら大野さんがいた時あったんですよ」

S「なぜかというと」
S「本当はもう1個隣の方に大野さん乗るはずだったんだけど」
S「間違えて僕の(ステージ)に乗っちゃったんです」
S「そしたら…向こうまで行くだけだからそあのまま向こうに一緒に乗ってればいいじゃないですか」
S「変に生真面目な人で」
S「いきなりおもむろにボーン降りだして、ダッダッダッダッダッダ🏃」
あ「危なっ」
S「急に降りたの。ね」
お「人間ってだからああいう時は走んだなと思って」
S「走るって客席走ってるんですよ」
S「で、向こうに乗って」
S「あれはビックリしたな、真面目だよね」
お「ホント申し訳ない」
坂「真面目だね」



2019年5月16日