めも blog

なにかしらのめも

嵐にしやがれ 上京グルメデスマッチ 2018/8/18 放送

広島で大行列! お好み焼

【店名】電光石火 東京駅店
【住所】東京・丸の内
【メニュー】電光石火 1250円(税込)

渡部建さん:世界で初めてミシュランガイドにのったお好み焼き屋さんの1つ。3Dお好み焼

生地の上にキャベツ、天かす、広島産もやし、イカ天、豚バラ肉をのせていく。
キャベツを押さえつけずに、空気を入れながらふっくらと焼いていく。
お好み焼き専用の特製麺にソースを絡め大葉を加え、この上に先ほどのキャベツを重ねる。
高さは6.5cm。
2個分の溶き卵を鉄板に流し込み、キャベツを重ねた麺をオムレツのように包み込み、ひっくり返す。
きれいなドーム型に形を整え、ソースとネギをのせて完成。

松潤:たまごのふっくら感とソースの甘さ。大葉がすごく効く。

香川の超人気店が作る 超濃厚カレーうどん

【店名】香川 一福
【住所】東京・神田
【メニュー】カレーうどん(小) 680円(税込)

渡部さん:ドーピングカレーうどんうどん屋さんのカレーをミシュランフレンチ店が監修している。食べた時の衝撃が違う。

A5ランクの和牛。ブリスケットという赤身と脂身のバランスが良い希少部位を鍋へ。
野菜とともに2時間煮込みうま味を十分引き出したらミキサーにかけ、ルーとして使うのがフレンチの技法。
カレー粉とスパイスを入れれば、上品な特製カレーが完成。
ゆでたての自家製手打ちうどんにカレーをのせ、バター、刻みネギを添えて完成。
そして、サバ節とうるめ節でとった出汁をかければ和風のうま味と甘みが加わり味がガラリと変化。
1杯で2度美味しいカレーうどん

クイズの正解者は、にの。

トーストに大行列ができる大阪の超有名店

【店名】LeBRESSO
【住所】東京・武蔵小山
【メニュー】サワークリーム&ハニーバターアップル 480円(税込)

食パンは、生クリームを加えることで生まれる芳醇な香り、ふわふわの食感。
この食パンを4cmの厚さに切り、トーストしてたっぷりバターを塗ったらバーナーで炙り、香ばしさをプラス。
これが一番人気の、厚切りバタートースト 380円(税込)

食パンにサワークリームを塗り、甘みと香りが強いりんご、ふじを食パンの上にトッピング。
そこに特製ハニーバターを塗って、トースターで2分加熱。ブラウンシュガーをバーナーでキャラメリーゼして完成。

小栗旬さん:パン自体がすごいおいしい。ふかふか。

北海道で伝説を作ったエビラーメン

【店名】JIMOTOYA
【住所】東京・麻布十番
【メニュー】濃厚海老出汁 カレー麺 1400円(税込)

北海道産の甘エビを鍋へ入れ、押しつぶしながら2時間うま味を絞り出し、超濃厚なエビ出汁に。
このエビ出汁を中華鍋に。オタマ一杯に甘エビ30尾のうま味が凝縮されています。
そこに8時間煮込んだ豚骨スープを入れる。
具材は、キャベツ、鶏ひき肉。
2時間かけてエビの風味をまとわせたエビ油。これを加える。
麺はスープに一番よく絡む、中太ちぢれ麺。
そこに、煮立ったスープ、エビ出汁で煮込んだエビカレーを入れ、ダメ押しにエビ油、白ネギ、味玉をのせて完成。

キッチンが見えないようになっているそうです。

大野くん:エビだ。エビ感じるけど感じすぎない。①とんこつ②カレー③エビの順でくる。
小栗さんとにのが食べたところ、順位は①エビ②カレー③とんこつ、だそうです。

鹿児島 飛行機に乗ってでも食べたくなる!究極のとんかつ

【店名】黒かつ亭 東京駅店
【住所】東京・丸の内
【メニュー】黒かつ亭定食 2042円(税込)

お客さん:肉の甘み
お客さん:やわらかい

鹿児島の安納芋をエサにしたブランド豚、六白黒豚を使用。
鹿児島の工場で2週間熟成させ、肉の酵素が働くため、めちゃめちゃ柔らかくなります。
パン粉は粗めで、サクサクの仕上がりに。
ラードをブレンドした油で10分揚げ、外はサクサク、中はやわらかジューシーなとんかつが完成。


相葉くん:やわらか〜。サクサクしてるんだけど肉がとにかくやわらかい。