めも blog

なにかしらのめも

嵐にしやがれ スイーツデスマッチ2018年・春 2018/4/14 放送

4時間並んでも撮りたい パフェ

【店名】FUKUNAGA294
【住所】京都市 中京区
【メニュー】いちごやま 1200円(税込)

開店2時間前ですごい行列ができるほど。
インスタ映えするそう。
パフェは限定100食。整理券をもらうそうです。

甘さを抑えた自家製カスタードクリームをグラスに入れ、輪切りにした福岡産あまおうを積んでいく。
そこに生クリーム、スポンジを入れ、甘さを抑えた自家製バニラアイスをのせる。
さらにいちごをたくさん盛り付け完成。
1つにいちご21個も使われているそうです。

菜々緒さん:いちごの甘さを消さない絶妙なさっぱりとした生クリームがいい。

10か月で2億円売り上げた 新感覚スイーツ

【メニュー】できたて焼マシュマロ・タルト スモア 216円(税込)

マシュマロ生地をクリームチーズを練りこんでサクサクに仕上げたタルトにのせ、コンベアトースターで焼き上げる。
こんがり焼けたマシュマロの上にベルギー産クーベルチュールチョコレートをのせて完成。

とろっとろのマシュマロとタルト、チョコレートのハーモニーが大人気。

大野くん:口についてるかがわからないぐらいふわふわ。
菜々緒さん:触れてる感覚がないぐらいふわふわ

究極のりんごケーキ

【店名】ANYWHERE DOOR
【住所】東京・原宿
【メニュー】原宿りんご 734円(税込)

りんごは、香りが強い紅玉を使用。
りんごを角切りにしたら、りんごピューレとリンゴジュースを加え、冷凍庫で5時間冷やし、シャーベットが完成。
それを紅玉と生クリームで作ったふわふわムースに入れて再び冷凍庫へ。
固まったらのこり半分をムースに入れ、また冷凍庫へ。
最後に赤いカカオバターをスプレーで吹きかけ、完成。

お客さん:外は柔らかい生地でふわふわしてるけど、中はヒンヤリしたりんごの果肉が入ってて食感もよかった。

佐藤勝利くん:ちゃんとりんご感が残ってる、濃厚なケーキみたいな感じ。

静岡県で爆発的な人気 ご当地スイーツ

【店名】カフェ フランジパニ
【住所】東京・六本木
【メニュー】アイスコルネット 460円(税込)

コルネパンの中に油が入らないように気をつけながら表面を180℃の油でカラっと揚げる。
揚げパンをコーン替わりにソフトクリームを流し込み完成。
サクサクで温かい揚げパンと冷たいアイスの組み合わせが人気の理由。


クイズの正解者は、松潤

世界各国で人気爆発中 クリームブリュレ

【店名】トミーバハマ 銀座店
【住所】東京・銀座
【メニュー】パイナップルのクリームブリュレ 1700円(税込)

見た目もインパクトのある商品で、日本で食べられるのはここだけだそうです。

砂糖でキャラメリーゼしたパイナップル果肉を、中身をくり抜いたパイナップルに敷き詰める。
パイナップルはその季節に一番良い物を選んで使っているそうです。
主役のカスタードクリームは、マダガスカル産のバニラビーンズを使用しており超濃厚。
さらに、コクや香りを強くするカソナード(赤砂糖)を全体にふりかけ、ガスバーナーで香ばしさをプラス。

クイズの正解者は、にの。

パリで人気No.1チーズ専門店が作る チーズケーキ

【店名】beillevaire(ベイユヴェール) 麻布十番
【住所】東京・麻布十番
【メニュー】ガトー・フロマージュ・ミ・キュイ 3240円(税込)

お客さんによると、味はすごいクリーミーで濃厚。口に入れた瞬間にチーズがふわーって香って濃厚だった。

日本人の舌に合うように研究されたクリームチーズは、通常のものより乳脂肪分が高く濃厚。
このクリームチーズをメインに、卵、砂糖、生クリーム、牛乳、レモン汁などを合わせたら、110℃〜130℃の低温でじっくり焼き上げる。

相葉くん:めっちゃ濃厚。